アポ取りコンタクト開始

スペインとイタリアのマーケットエントリーストラテジーを立案することになった我々は、次週両国を訪問し市場調査をすべく既存/潜在顧客にインタビューをすべくアポ取りのTELを行った。
「突然電話しても、相手してくれへんやろなぁ」と思いつつ駄目もとで電話すると、快諾とまではいかなくとも結構相手にしてくれることが判明したのでほっと一安心。イタリア人の心の広さか、クライアント企業の知名度か、自分のセールストークの巧みさ(これは無いでしょう)のお陰か分からないがなんとかなりそうだ。

 ここまでクライアント企業の問題分析、ターゲット国/業界の分析・評価を行ってきたが、今度は更に深く突っ込んだ顧客の需要、競合他社の動向把握ということを行っていく。プロジェクトのタスク他、グループワークのコーディネーター的役割、予算管理など色々大変だがケースの10倍は勉強になるプロジェクトである。
[PR]

by naktak1974 | 2005-02-15 02:06 | MBA  

<< Manchesterという街 中間プレゼン終了・祝初戦勝利W... >>